物件購入の翌年の確定申告(赤字の場合は会社バレ要注意)

明けましておめでとうございます。昨年は初めての投資用不動産として一棟アパートを2棟購入し、不動産投資家としての活動をスタートさせることができました。おかげさまで2棟とも満室稼働が続いております。今年は引き続き3棟目といきたいところですが、現実的には物件購入で減ってしまった自己資金の現金を回復させる1年になるかなと思っています。

さて、今回は年末年始のお休みを使って確定申告に向けた準備を行いましたので、それについて思ったところを書いてみたいと思います。

私はサラリーマンが本業ですので、基本的に税金の支払いは会社が行ってくれていますし、払いすぎた税金は会社が手続きしてくれることで年末調整で戻ってきます。しかし、今年からは不動産所得による副業収入があるので、本業の給与所得と合算して確定申告を行わなければなりません。(不動産所得は総合課税のため、給与所得と合算して税額を計算する必要があります。)

会社は私に副業収入があることは知りませんので、本業の収入のみであることを前提に税額を計算します。しかし税金は本業の給与所得と不動産所得とを合算した金額をもとに計算する必要があるため、確定申告によって自分で計算し、不足分があれば納税をしなければいけませんし、払いすぎていたら還付を受けることができるという訳ですね。

ここで問題になるのが、物件を購入した翌年の確定申告です。

物件を購入する際には、仲介手数料や登記費用など多額の経費を支払っています。そのため、物件を購入した年は家賃収入よりも支払った経費の方が多くなる(つまり赤字になる)ケースが大半です。私の場合も計算してみたところ、不動産所得が400万円程度の赤字となり、確定申告を行うと支払った税金(約35万円)が全額還付されることになりそうです。

税金が還付されるのは嬉しいことですが、問題は来年の住民税が少なく会社に通知されてしまうため、何かしらの副業で赤字申告したことが会社にバレてしまうということです。

私の場合は不動産投資を始めるにあたり、業として行うのではなく、不動産所得として確定申告するのであれば問題ない旨を会社に確認してから開始しているのですが、やはり副業収入があることを知られるのは気持ちの良いものではありません。10室を超えているので青色申告を行いますから、事業的規模(業として行なっている)と捉えられるリスクもあります。

これを考慮して、今年は確定申告をしないことに決めました。支払うべき税金がないのであれば、確定申告は義務ではありません。

税金の還付を受け受けることができたり、青色申告の場合は赤字を3年間にわたって繰り越すことができたり、赤字でも確定申告を行うことで様々なメリットがありますので非常に悩みましたが、少なくとも現時点で会社を辞める意思がない以上、メリット・デメリットを比較した上で、会社員としてリスクをとる必要はないとの判断に至りました。

大手企業で副業容認の会社が出てくるなど、徐々に副業に寛容な世の中になってきていますが、私の会社も含めて副業への姿勢はやはりまだ厳しいですね。

不動産投資

Posted by FK