明日は宅建士の合格発表ですね

明日は宅地建物取引士の合格発表ですね。資格学校の予想は36点プラスマイナス1点のようですが、合格点は何点になるんでしょうか。

プロフィール欄にも書いていますが、実は私も宅建士は持っています。

十数年前に仕事で必要となり、仕事の後や休日に勉強して合格しました。当時は「宅地建物取引士」ではなく、「宅地建物取引主任者」と言われていた時代です。

不動産会社では必須の資格ですね。従業員のうち、5人に1人以上の割合で宅建士を置かなければなりません。

逆に言えば5人中4人は宅建士でなくてもOKなんですが、これって非常に危なっかしいですよね。

宅建士という資格は、業として不動産取引をする上で、必要最低限の法律的知識を有しているという証明になります。

宅建士を持たずに不動産の営業をするということは、普通免許を持たずに車の運転をするようなものです。

営業成績の良い営業マンほど、勉強する時間が取れずに落ち続ける人も多い、と言われていますが、私だったら宅建士も持っていないような営業マンからは絶対に買いたくありません。

50 問のマークシート形式ですし、最も出題数の多い宅建業法をキッチリ押さえておけばそれほど難易度は高くありません。

不動産投資家にとっては必須の資格ではありませんが、持っていて決して損ではありません。まだお持ちでない方、ぜひ勉強してみてはいかがでしょうか。