エクセルによるキャッシュフローシミュレーション

物件の購入にあたり、投資に見合うキャッシュフローが得られるかどうか、シミュレーションを行うことはとても大切です。

私の場合は、自作のエクセルでシミュレーションを行いました。

以下の画像がそのエクセルなのですが、黄色のセルに必要事項を入力すると、月々のローンの支払額や手残りのキャッシュフローが自動計算されるように作っています。

自作のエクセルによるキャッシュフロー計算シート

ポイントは経年による家賃の下落率や想定空室率を見込んでいるところです。

私の物件は築3年なのですが、日本人はどうしても新築が好きなので、古くなるにつれて家賃を下げなければ入居付けが厳しくなったりします。また、空室率も古くなるほど高くなることを想定しておかなければなりません。新築当時の家賃・空室率で10年後・20年後のシミュレーションをすることはとても危険です。

私の作成したキャッシュフローシミュレーションをダウンロードできるようにしておきますので、もし宜しければ使ってみてください。感想などもコメント頂けると嬉しいです。

不動産投資

Posted by FK