購入した物件に巡り会う

2019年10月15日

その物件は千葉県内の某駅から徒歩10分圏内で、総戸数10戸の木造アパートでした。(すみません。実際に購入した物件なので詳細はボヤかします。)

もう1年近く売却しており、当初の1億円近い価格から徐々に徐々に値段を下げ、現在は約9000万円くらいで販売されていました。

全10戸中、8戸が賃貸中で2戸が空室でしたので、空室の中を見学したうえで、8000万円台前半で購入申込みを書きました。

売主さんにとっては、当初の金額から考えると2000万円近い減額です。

売主さんは東証一部に上場している宅建業者であり、この金額で売却できるか2週間ほど社内検討した結果、売却OKの判断が出て購入出来ることになりました。

売却開始から相当の期間が経過していること。また徐々に値段を下げていることから売主さんの売却意欲が高いと予想し、多少厳しいかな?と思う金額でしたが購入申込みをしてみました。

とはいえ法人なので、損が出るような金額では売却の判断は出ないでしょうし、購入できるかどうかは感覚的に五分五分でした。

また、いま購入すれば9月末の決済に間に合います。4月が期初の企業にとって、9月は半期の締めの月です。9月末に現金化できることも企業にとってはメリットなので、金額だけでなくその点も仲介会社の方を通じてアピールしてもらいました。

戦略がバッチリはまって、いい物件が買えたと思います。

不動産投資

Posted by FK