融資の厳しさ

2019年10月15日

不動産会社では、個人投資家に対する融資の厳しさに関する説明を受けました。

ちょうどスルガ銀行やかぼちゃの馬車問題が取り上げられていた時期でもあり、個人に対する投資用の融資は相当引き締められており、これはだいぶ厳しそうだな、との印象を受けました。

実際、個人に対する融資が出そうなのはO銀行と某ノンバンクくらいしかないようでした。いわゆるメガバンクなどは、金融資産が1億円以上ないと門前払いといった感覚です。

そこで物件を2つほどピックアップして、実際に物件を見に行き、良いと思った方の物件で事前審査を出してみることにしました。

金融機関は条件の良かったO銀行の方です。

その場で聞いた話で興味深かったものとしては、「国道16号線の内側・外側で金利が違う」ということです。

O銀行では首都圏の場合、基本的にエリアは問わないものの、国道16号線の外側であれば金利は3%が基準となり、内側であればそれが2.3%になるとのことでした。このような情報は銀行のホームページだけではわからない情報なので、まさに面談したことによって得ることができた情報です。

この情報を聞けただけでも行った甲斐がありました。これから物件を探していくにあたり、非常に参考になる情報でした。

不動産投資

Posted by FK