投資用不動産を購入しようと思ったきっかけ

2019年10月15日

今年の4月から、ほんの僅かですが給料が減給されたことが、投資用不動産の購入を考えるきっかけとなりました。

私の会社は業界内では大手に分類される会社なのですが、いわゆる大企業の子会社でして、

①業務を全く理解していない使えない役員や上司が親会社から降ってくる

②新卒で入社した社員ばかり重用される

といった具合で、業務を全く理解していない上司が多いのです。

特に①は酷いですね。自分が親会社で使えないから左遷されたという自覚が本人に全く無いからタチが悪いです。

私は中途入社ということもあり、この会社での将来を考えると、決して明るい未来が待っているとは思えませんでした。

そんな時、4月の減給が決め手となり、会社からの収入だけに頼らない(あるいは会社からの収入を補完できる)、外部からの収入源を探すべきなんじゃないだろうか・・・、と思ったのです。

副業は会社の就業規則で禁止されていましたが、同業他社との兼業や、本業に支障をきたすレベルの副業をさせないための規則であって、その大部分を外注できる不動産賃貸業であれば問題ないのではないかと思っていました。

そこで人事部に確認してみたところ、

①業として営まないこと

②事業所得ではなく不動産所得として確定申告すること

を満たすことができるのであれば問題ない、との回答を得ることができましたので、副業禁止の規定もクリアすることができ、不動産投資を本格的に検討するようになりました。

不動産投資

Posted by FK